1. HOME
  2. 製品仕様検討会 第二弾 レポート【スケジュールの色の共有】

製品仕様検討会 第二弾 レポート【スケジュールの色の共有】

こんにちは☆今回、製品仕様検討会を担当させていただきました小山です。2012年の11月から12月にかけて行った製品仕様検討会についてのご報告をさせていただきます。

 

製品仕様検討会について

今年の春に初めて製品仕様検討会を行い、秋のバージョンアップでお客様のご意見を基に「スケジュールの詳細画面」のユーザーインターフェイスを変更いたしました。

★製品仕様検討会レポート【スケジュール詳細画面】
★製品仕様検討会フィードバック【スケジュール詳細画面】

改めまして、貴重なご意見をくださったお客様に心から感謝を申し上げます。

そして、今回実施した製品仕様検討会では多くのお客様からご要望をいただいていた「スケジュールの色の共有」をテーマにお客様のご意見をお伺いしました。東京・名古屋・大阪で計3回の「製品仕様検討会」を実施し、貴重なご意見をたくさんいただきましたので、こちらでレポートいたします。

SONY DSC

スケジュールの色の共有について

検討会では、こちらで用意した3つの案をお客様にご覧いただき、どの案が良いか、あるいは実際にどのように色の共有を行いたいかなどを議論していただきました。

<現状の画面>

現状の画面

現在の「サイボウズOffice」の仕様では、ユーザー個人のスケジュールの左側に色を付けることはできますが、ユーザーが付けた色を他のユーザーと共有するこができません。


[案1] 個人が任意の予定につけた任意の色を共有できるパターン

<画面イメージ>

[案1]画面イメージ

<スケジュール登録のイメージ>

[案1]スケジュール登録のイメージ

[案1]は、スケジュールを登録したユーザーが色を決めて、それが共有されるパターンです。たとえば予定を登録するユーザーが「この会議は目立たせたいからにする」と、そのスケジュールに共有されている全てのユーザーに色で表示されるというパターンになります。特に目立たせたい予定があるときに有効です。


[案2] 全社的に予定の種類ごとに色を決めて共有できるパターン

<画面イメージ>

[案2] 画面イメージ

<色の設定のイメージ>

製品検討会 キャプチャ5

<スケジュール登録のイメージ>

製品検討会 キャプチャ6

現在、スケジュールを登録する際に「往訪」「会議」などの予定の種類をプルダウンで選択できますが、[案2]はその予定の種類ごとに色を付けるというパターンです。たとえば、「往訪」は、「会議」はというように予定の種類によって付けられる色が変わります。こうすることによって「今日はが多いから外出が多い日」であるとかが多いから会議が多い日」というように、視覚的にその日のスケジュールを認識することが可能となります。


[案3] 全社的にルールを決めて、条件に応じた色を共有できるパターン

<画面イメージ>

製品検討会 キャプチャ7

<色の設定のイメージ>

製品検討会 キャプチャ8

[案3]は、[案2]をもう少し複雑にしたパターンです。たとえば、登録した予定に「取引先のA社が含まれるとくなる」という設定にしておけば予定の種類(往訪や会議など)に捕われずに、「A社」に関係する全ての予定が表示されます。こうすることで、週あるいは月単位で「A社」とどれだけ関わっているかを視覚的に捉えることができます。

結果

上記の3つの案を基に話し合っていただいた結果、[案2]を希望するお客様多くいらっしゃいました。理由としては、「複雑すぎず、管理者がどの予定の種類を何色にするかを決めて全社的なルールをつくってしまえばユーザーも受け入れやすいのではないか」といったご意見が多数でした。

色の付き方に関しては[案3]のように「予定の文字の背景に色が付く」パターンを支持する方が多くいらっしゃいました。[案1]のように文字そのものの色が変わってしまうと読みづらくなってしまう可能性があり、より視覚的にスケジュールの把握がしやすい方が良いとのことでした。

また、色の種類に関しては「あまり多くなりすぎるとスケジュールがかえって見づらくなる懸念があり、5~7色くらいがちょうどよいのではないか」というご意見を多く頂戴しました。

この他にも多くの貴重なご意見をいただきました。
ご協力いただきましたお客様には心から感謝申し上げます。

今回の製品仕様検討会でいただきましたご意見を基に、検討を重ね、製品の開発を進めて参ります。製品をリリース後に、改めてこちらの結果についてフィードバックいたしますので、楽しみにしていてください☆

タグ: , , , , , ,

  • サイボウズ Office 9
  • サイボウズ Officeを今すぐ使ってみる
  • サイボウズ Office 価格シミュレーション