1. HOME
  2. ユーザー様訪問の旅【福岡編】- 株式会社 九食様

ユーザー様訪問の旅【福岡編】- 株式会社 九食様

福岡市で「Office on cybozu.com」をご利用中のお客様を訪問する短期特別企画。今回は3社お伺いすることができました。これから3回にわたり公開してまいります!


こんにちは。「Office タイムライン」担当のタナカです。

サイボウズは今年2012年10月、福岡市博多区のFFB HALLで開催された「Cloud Days Fukuoka 2012」に出展しました。

九州開催のイベントで単独出展はおそらくサイボウズでは初めて。ということで九州出身(長崎)の私にも九州弁対応可能スタッフ?としてお声がかかりました。

日ごろの私の業務上めったに九州への出張は発生しません。せっかくなのでこの機会に九州の「サイボウズ Office on cybozu.com」利用ユーザー様にお話を伺えないだろうか、といくつかのユーザー様に打診したところ、運よく3社のお客様を訪問することができました。ご協力頂きましたお客様には改めて御礼申し上げます。

これからその3社様について、この「Office タイムライン」で紹介させていただきます。

第一弾は福岡市の株式会社九食様!

最初にご紹介させていただくのは、創業1960年、九州で食肉の加工・製造販売を中心とした事業を行っておられる株式会社九食の管理部総務課課長、荒谷昭様です。

九食様は社員数134名(23年度/パート含む)、福岡市に本社を構え、佐賀県鳥栖市に第一、第二工場を保有されています。本社は社長室や総務・人事部門があり、営業部は鳥栖市に所在。パソコンやタブレットなどを日常的に業務の中で扱う社員は本社、営業部門を中心に50人程度とのことでした。

株式会社九食荒谷様

株式会社九食 荒谷様

株式会社九食様は以前「サイボウズ デヂエ」をご利用いただいており、現在ではクラウド版「Office on cybozu.com」に移行されています。


まず、「デヂエ」を導入するに至る経緯を教えていただけますか?


当時、各地で営業個々がどんな活動をしているかを社長や責任者が把握する手段がなかったんです。そこで「営業日報」が必要だろうと。

うちは営業部と社長が常駐する本社は拠点が異なり、また社長や他の経営陣は国内外へ出張することも多い。だからネットワークとパソコンを使ってどこからでも確認できるものが必要でした。

そこでいいものがないかと探していたときに、とあるセミナーで「デヂエ」の存在を知りました。当時はクラウドはなかったのですが、サイボウズの「リモートサービス」を利用すれば、外部からのアクセスも可能だったので、あわせて導入しました。


導入の際には、他の会社様のサービスや製品も検討されたことと思います。そこで「デヂエ」を選択された決め手は何だったのでしょうか。

一見した感じかなあ。「これなら自分でも使える」と感じたことですね。それとサーバーOSじゃなくても動くことも大きいです。

それにこういったアプリケーションで、ライブラリ20で10万円は安いですよ。これだともし失敗しても自分のポケットマネーで払えるな、と思いまして(笑)


そうなんですよ!あの価値をご理解いただけて「安い」とおっしゃって頂くととても嬉しいです! ...ところでこれは...Nexus7ですか!?

ええ、そうです。実はiPad3ももってるんですが、今こちらを使っています。


荒谷様のツール

荒谷様のツール。iPad3に、Androidのスマートフォン。Nexus7の画面には「Office on cybozu.com」のトップ画面が表示されています。

発売されたばかりの「Nexus7」で「Office on cybozu.com」を利用されているとのことで、こちらの荒谷様かなりのガジェッターのご様子。私はこのとき初めて、「Nexus7」で「Office on cybozu.com」の画面をみました。7インチでも結構使えそうです。

クラウドへの移行理由は?

クラウドの「Office on cybozu.com」に移行された理由は何でしょうか。

「デヂエ」の期限が切れるので検討したということもありますが、まず会社としてペーパーレス化の方針があります。それと稟議関係の電子化ですね。これらを社長自ら「やろう」と提案がありました。
 
もちろん他社のサービスや製品も検討したのですが、「Office on cybozu.com」の場合、 

  • すでに利用している「デヂエ」からまとめて移行が可能
  • 「リモートサービス」が不要になる
  • 社外からのアクセスが容易かつ、ユーザー全員社外からの利用が可能になる
  • ワークフロー機能が搭載されている

という点で、自社としては要件を満たしている。また価格感も問題がない。ということで、移行を決めました。

 
「リモートサービス」をご利用でしたので、クラウド化によってそれが不要になるのは大きいですね。なおかつ利用中の「デヂエ」の機能をそのまま使えて、データ移行も簡単だということであれば、こちらのお客様にはぴったりのサービスといえそうです。

話は変わりますが、社長様が特にITへの関心が高そうですね。

そうですね。社長も既に「Nexus7」もってますし(笑)。
 
以前から本社と工場間はVPN接続環境も整備してましたし、例えばお客様に工場内を外から見学していただくためのネットワークカメラの設置なども行っています。衛生環境の保全の為に外から見学できるようにしたんですね。トップがITの導入に積極的ということは言えます。

 
クラウド移行によって「デヂエ」からグループウェアの「Office on cybozu.com」に変わったわけですが、社員の皆様の活用状況はいかがですか?

個人的には「デヂエ」を受け継いでいるカスタムアプリが無制限に使えることがいいですね。グループウェア部分については、本格的な運用はこれからです。今月(2012年10月)からワークフローの本運用を開始しています。
 
運用定着のために稟議は「Office」のワークフローからのみとルール化しました。本社と営業部や工場が離れていて、また幹部社員の出張もあるので、クラウドの場合場所にかかわらず承認・決裁が進むところが便利ですね。
 
スケジュールも施設とセットで予約できるところがいいですね。以前は会議室の予約など何も行ってなかったので当然バッティングが発生してました。社長もしっかり使っていますよ。
 
また社内ではEメールではなく、メッセージを使うように要求しています。

 
運用の定着のためにワークフローでの稟議をルール化したとのことですが、他に行ったことはありますか?

カスタムアプリを掲示板のように使って、マニュアルを掲載して周知しています。説明会も実施しました。
 
(「デヂエ」で言うところの)ライブラリの数の制限もなくなったので、今後は社内に作り方を広めて、どんどん活用してもらうつもりです。

 
荒谷様がいらっしゃる限り、運用の定着は時間の問題という感じですね(笑)。今日はお忙しい中ありがとうございました!
 
多くのお客様にお話を伺う中で、グループウェアの運用が順調に社内に浸透できたお客様に共通していることに、以下のいずれかを実行していることがあげられます。

  • 運用のルール化
  • トップダウン(ほぼ命令といえるかもしれませんが、例えばトップが頻繁にグループウェア上で発言することや、また社員の発言にコメントするなど、『みられてるぞ』という意識が生まれることで、活用につながります。)


九食様も既にワークフローの使用をルール化しておられましたので、グループウェアの運用定着にまったく心配はないな、と感じた次第です。
 
実はここに掲載している内容以外にも、最近のタブレット新製品について、など大いにお話は盛り上がりました(と私は解釈しているのですが)。また「Outlookや、Google Calendarと容易に同期したい」などの「Office on cybozu.com」への要望なども頂き、あっというまのインタビューでした。荒谷様、今回は誠にありがとうございました!
(つづく)


株式会社九食様のWebサイト

最後に、九食様のホームページをご紹介します。取り扱われている食肉製品、例えばハムやソーセージの保存方法や調理方法、その他の豆知識や、商品を使ったレシピ集など、消費者にとって実用的な情報が満載のサイトになっています。

写真があまりにおいしそうなので、お仕事中の方やダイエット中の方、または深夜に見るとお腹が空いて辛くなりますのでご注意ください!



 

株式会社 九食

株式会社九食様本社社屋

株式会社九食様社屋

本社:
福岡県福岡市南区大楠1丁目24番4号

業務内容:
食肉加工製品の製造販売

Webサイト:
http://www.ehamq.co.jp/


2012/11/20
文責:koichiro tanaka

タグ: , , , , , , ,

  • サイボウズ Office 9
  • サイボウズ Officeを今すぐ使ってみる
  • サイボウズ Office 価格シミュレーション